スポンサーサイト

  • 2016.10.11 Tuesday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


OUT/桐野夏生著

弁当工場の夜勤パートに出る主婦達。
きついパートに耐えて勤めているのにはそれぞれの理由がある。
膨らんでしまった借金の利息を払い続けるため、或いは給料を家庭に入れない亭主の代わりに家計を助けるため。
そしてある日、彼女達の一人が殺人を犯してしまう。
相談を受け、その死体をバラバラにして捨ててしまう仲間達。
一つの事件が、水面に落とした小石の波紋のように、様々な展開を産んでいく。
何故、彼女達は死体遺棄を手伝ったのか。そして、彼女達を待ち受けるそれぞれの運命とは・・・。


この小説、映画化しましたねぇ・・・。
最初、バラバラにしているシーンで、読みながら寝ちゃったので、夢見が悪くて(^.^;)
こりゃ、いかん。
と、取り敢えずバラバラシーンだけは読み終わろうとして、読み続けて、最後まで行っちゃいました。
うげ。

つまり。バラバラ事件は最後まで引っ張る・・・と言うか、まだ出てくると言うか・・・うげげ。
ただね、かなり内容が濃いの、この小説。
文章を長く引っ張る作家が書いたら、間違いなくもう一冊は行ってしまうほど、詰まった中身なのよね。
いや、面白かったけど。うん。
うげげげ、な記述が平気な方にお勧めです。
ラストがちょっと、私好みではなかったですが☆

しかし。
映画、どうだったんだろうねぇ☆
怖くて観れませんよ、コレ(汗;)



OUT 上  講談社文庫 き 32-3
OUT 上 講談社文庫 き 32-3
桐野 夏生

OUT 下  講談社文庫 き 32-4
OUT 下 講談社文庫 き 32-4
桐野 夏生

calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
sponsored links
パーツ類
ブログパーツUL5
■ブクログ■

書籍リンク
広告
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM