スポンサーサイト

  • 2016.10.11 Tuesday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


姉飼/遠藤徹著

脂祭の縁日で売られている「姉」。
「姉」は串刺しにされ、血を滴り落としながら、ギャアギャアと醜く鳴く。
近づきすぎる客には食いつこうとする。
そんな「姉」に魅せられ、人生を転げ落ちていく主人公・・・。

表題作他全四編の短編集です。
帯に『ホラー大賞史上最強の奇作』とあったので買ってみましたが。
うーん。
どの短編も消化不足のまま世に出た感じです。
「脂祭」に関してあれだけ行を割きながら「姉」についての記述が疎かだとか、主人公の内部にまで描写が及んでないとか。
結構グロテスクな話なのですが、全く怖くないのですね。
残りの三編はもう、昔流行ったようなSFみたいな感じです。
「ホラー」を期待して読んでしまうと、かなり虚しくなる本かも知れません。
最後の「妹の島」に関してはもう、どうしてこのタイトルがついたのかも不明。
「オニモン蜂」とかつけた方がスッキリしたかも。
読み進むにつれ、テーマとタイトルがどの作品も微妙にずれていくのです。
この作者の他作品を読んだことがないので、これだけで判断するしかないのですが、同じ作者の本を敢えて読みたいとは思わない程度の本でした。
「カルトホラー」じゃないよ、これ。

姉飼
姉飼
遠藤 徹

calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
sponsored links
パーツ類
ブログパーツUL5
■ブクログ■

書籍リンク
広告
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM