スポンサーサイト

  • 2016.10.11 Tuesday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


帝都探偵物語〈1〉人造生命の秘密/赤城毅著

時は大正。
大震災の少し後。
復活を遂げた帝都大東京に居を構えた、洋行帰りの探偵一人。
助手の美少年と、美女の秘書と共に、難事件を解決していく。
ただし、彼の元にやってくるのは怪奇事件ばかり。
浮気調査でも何でもいいから、普通の仕事がしたいと願う探偵の思い虚しく。
今日も少女が持ってきた事件は・・・
夜な夜な墓を暴き、死臭漂う実験室に引きこもり、研究を続ける父親の行状を調べて欲しいという依頼だった。
初めは尻込みしていた探偵も、事態が進むうち、嫌が上でも積極的に動かざるを得なくなった。
ただし、事件は彼が危惧していたとおり、怪異事件になりつつあったが。。。。


まず。
この作品は推理小説ではありません。
娯楽小説として読むのが正しいかと思います。
人工生命やら、フランケンシュタインやら、屍体やら、出てきますが、
上手くはないけれど軽妙な筆致で、すらすら読ませてくれます。
そしてまた、キャラクターが立っている。
一巻目にしてキャラが成立しているので、読んでいて安定がいいです。
そして、面白い!
(↑これが肝心ですが☆)
他の作品も読みましたが、どうもこの作者は、この時代を扱うのがとても上手です。
雰囲気がいい。
人情味もあるし、きちんと筋立ても整っている。
憎めない、ひとなつっこい笑顔の探偵と、やさぐれ者上がりの美少年の助手、そして
大財閥のお嬢様秘書と、古典的な作りでありながら読ませてくれるのは、
この作者ならではの筆致だと思います。
眉間に皺を寄せて解き進む推理小説もいいけれど。
時にはこんな軽快な物語もいいのではないでしょうか?


帝都探偵物語〈1〉人造生命の秘密
帝都探偵物語〈1〉人造生命の秘密
赤城 毅

calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
sponsored links
パーツ類
ブログパーツUL5
■ブクログ■

書籍リンク
広告
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM