スポンサーサイト

  • 2016.10.11 Tuesday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


黒祠の島/小野不由美著

評価:
小野 不由美
祥伝社
¥ 690
(2004-06)
ノンフィクション作家の葛木志保が失踪した。
事件ルポの調査で時々仕事を共にする式部剛に、
「帰省するが戻らなかったら部屋の処分をして欲しい」と、
彼に部屋の鍵を渡したまま。
閉塞された郷里の小さな島、夜叉島。
彼女と共に島に渡ったという謎の女性。
つじつまの合わない、人々の証言。
見え隠れする土着の慣習。
式部は苦心しながら調査を進めるが、ある証言を得て愕然とする。
・・・尋ね人は亡くなりました。
と。


本格推理と銘打ってあります。
著者はご存知の通り、人の心の小さな揺らぎも洩らさず書く名手。
しかも、土着の信仰や慣習、人々の関わりなどもつぶさに書く作家です。
が、どうもこの小説ではそれが生かし切れてない気がしました。
「黒祠」と言う一種特殊な特徴を持った、地方の島。
そして、そこで起こる殺人事件。
島の有力者と、祭司の関係、祀られた美少女浅緋。
微妙な力関係もうまく書かれていますが、推理小説かと問われれば、
首を捻るしかない。
推理小説と言っても問題はないけれど、「本格」の文字はどうかな?
小説自体は面白いですし、読み応えもあります。
最後にちょっと畳みかけるような感はありますが。
著者の作品が好きな方なら、読んでみても損はない気がします。
もう少しだけ枚数を増やして書いた方が、良かったかも知れませんね。




calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
sponsored links
パーツ類
ブログパーツUL5
■ブクログ■

書籍リンク
広告
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM