スポンサーサイト

  • 2016.10.11 Tuesday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


ネガティブハッピー・チェーンソーエッヂ (角川文庫)/滝本竜彦著

高校二年生の山本は、ただ怠惰に日々を過ごしていた。
怠惰に、適当に、捉え所のない日々を。
そう、彼女に出逢うまでは。
真冬にチェーンソーで襲ってくる「ヤツ」と毎夜戦う絵理ちゃんと出逢うまでは・・・。


青春小説。
一言で言ってしまうには、あまりにも破天荒で本筋を行く小説です。
捉え所のない、どう生きていいか分からず、もやもやを抱えているような世代。
しかしその生活を一変させる出来事が、「チェーンソー男」との戦いなのです。
ある日突然現れる不死身のチェーンソー男。
チェーンソー男の出現を予知し、それと戦うための力を手に入れた絵理。
その絵理と偶然出逢ってしまった山本。
彼ら二人は、それぞれの問題を抱え、それぞれの時間を生きています。
何度、心臓にナイフを打ち込んでも死なない相手と戦い続ける少女。
その少女を、毎夜出現場所まで送り届け、戦いを見守る・・・時には手助けをする少年。
それぞれ、実は心の中に重たい問題を抱えているにも拘わらず、
物語はコミカルに進んでいきます。
「まあ、そう言うコトなんだろうな」と結末が予測出来ても最後まで読んでしまうのは、
文章の軽快さと微妙な間合いの物語テンポでしょうか。
これはいい!と言う小説ではないですが、いい感じだと思います。
同作者の「NHKにようこそ!」も本棚に埋もれているはずなので、発掘して読みたいと思いました。






JUGEMテーマ:読書



calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
sponsored links
パーツ類
ブログパーツUL5
■ブクログ■

書籍リンク
広告
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM