スポンサーサイト

  • 2016.10.11 Tuesday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


らん/秦建日子著

評価:
秦 建日子
PHP研究所
¥ 1,470
(2011-04-29)

干ばつに見舞われ、飢饉目前の一の村。
村の様子を余所に、大殿様は年貢を引き上げるとおふれを出した。
村の占いおばばが予言する。
「村を救うには、日の届かぬ深い闇の底に咲く赤い花を探し、持ち帰り、誰かがその毒にあたらねばならない」と。
使命を帯びた正太郎が探してきたのは、胸に赤い花の痣を持つらんと言う娘だった・・・。


これは、とても切ない恋物語です。
誰も、救われることがない。
正太郎の幼なじみであるお綾には村長の息子が許嫁として存在する。
想い合っていても、正太郎とお綾は結ばれることがない。
昔、正太郎に親切にされたことがある赤い谷の忌むべき人々の中にいるらんは、正太郎をずっと想い続けている。
村を救う役割で村に呼ばれたのに、用済みになると追い払われ、また危機が来ると呼び戻される赤い谷の人々。
「戦の時だけ必要な女」とまで言われたのに、正太郎に力を貸すらん。
その一途ならんを見守るイタチ。
京に登る夢を持つ月影の希望を叶えようとしている大殿に雇われている兄、石影。
弟のように思ってきたイタチとらんが夫婦になるのを楽しみにしていたカブト。
それぞれの想いが交差し、すれ違い、悲劇を呼び寄せる。
短い物語なのに、内容がぎっしりと詰まっていて、読み終わると涙が出ます。

ラスト、正太郎は本当に「赤い花の毒」にあたってしまったのですね・・・。

悪いのは誰かと言えば、大殿であり、村人達の総意を翻せなかった正太郎であり、自分たちの利しか考えなかった村長親子であり、赤谷の人々を忌み嫌った村人達であり、らんたちの味方になれなかったお綾でしょう。
本を正せば、予言を言ったおばばが元凶ですけれど。
つまり、全員がそれぞれ少しだけ間違った方向に進んだ結果、大きな悲劇が生まれたのです。
現実にもありそうですよね。

これは舞台劇だそうですので、この物語であれば、とても観てみたいと思いました。
DVDは出ていないのですよね、無念。




JUGEMテーマ:読書
 

推理小説 /秦建日子著

会社員が殺され目を抉られ、直後に女子高生が殺される。
現場に残された本の栞には、『アンフェアなのは、誰か』と印刷されていた。
連続殺人。
挑戦的な犯人像。
そして、それに挑むのは「無駄に美人」な女刑事、雪平夏見・・・。

ドラマにもなった有名な一冊。
ドラマが後半ちょっとクダグダな感があり、それでも面白かったので読んでみました。
こちらが原作で、作者ノータッチでドラマが作られているそうです。
ドラマは4話までが原作に沿っている。
だから、後半違和感があったのかと納得。
ただ、原作である本作も、主人公や周囲の人間の個性を書き切れていない印象。
事件も、もっと広がったはず。
書き方に独特の癖があるので、馴れるまで戸惑う人もいると思う。
途中まで期待して読んだので、後半のトーンダウンが惜しい。
もう少し盛り上がり、スッキリ描けたならもう一つ評価上がったかも。
続編が出るらしいが、もっと書ききれるのだろうか?
















JUGEMテーマ:読書


評価:
秦 建日子
河出書房新社
¥ 620
(2005-12-21)


calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
sponsored links
パーツ類
ブログパーツUL5
■ブクログ■

書籍リンク
広告
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM