スポンサーサイト

  • 2016.10.11 Tuesday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


海に沈んだ町/三崎亜記著

評価:
三崎 亜記,白石 ちえこ
朝日新聞出版
¥ 1,575
(2011-01)

廃園した遊園地跡に出来た住宅街に住む人々が見る遊園地の夢。
夢の中で見かけた人と、現実に出会う・・・。
海が来て、沈んでしまった町を訪れる人。
港へとやって来た団地船を見に訪れた男性の、ほろ苦い思い出と現実・・・。
著者の不思議な世界が綴られていく短編集です。

この、不思議な世界が病みつきになりそうです。
読み手によって好き嫌いがかなり出ると思います。
そして、作品によっても好き嫌いが出そうです。
『橋』などは消化不良で結局どうなったのか分かりにくかったですし、
『ペア』もラストが分かりにくい。
それでも、この奇妙な世界観は独特の雰囲気を持って圧倒し、
読み手を引き込んでしまうから不思議です。

個人的には『四時八分』や『彼の影』が好きでした。
ハッピーエンドが少なく、そのハッピーエンドもはっきり描かない作品が多いのですが、
読後感が幸せになりそうなのはいいですね。

この本は、白石ちえこさんの写真とコラボしてあるので、
所々に差し込まれる写真がイメージを随分左右します。
こちらも、読み飛ばさずに堪能するといいと思います。

サクサク読めるので、少し時間が空いた時に読むのがお薦めです。


JUGEMテーマ:読書
 

バスジャック/三崎亜記著

今、「バスジャック」がブームである―。バスジャックが娯楽として認知されて、様式美を備えるようになった不条理な社会を描く表題作。回覧板で知らされた 謎の設備「二階扉」を設置しようと奮闘する男を描く「二階扉をつけてください」、大切な存在との別れを抒情豊かに描く「送りの夏」など、著者の才能を証明 する七つの物語。
[Amazon商品説明「BOOK」データベースより

消化不良気味の物語が多い気がします。
「二階扉をつけてください」は設定こそいいものの、状況説明が少なく、背景が分かりにくい。
それは「送りの夏」も同様で、結局アレは何だったのかと考えてしまう。
この作品は短編ではなく中編にした方が感動が大きかったかもしれない。
練り込めば長編でも感動出来る作品となるのでは?

どの作品もそんな感じで、微妙な中途半端感が漂う。
面白いだけに惜しい。

表題作「バスジャック」に至っては、序盤から結末が読めてしまうので、中盤の盛り上がりが欲しい。

個人的には「動物園」が好きでした。
多分この作品だけがきちんと背景説明がされて、作品としても完成されているのではないでしょうか。

ブラック的なショートSF風味や叙情的な物語など、好みは分かれるかもしれませんが題材的には面白いモノばかり。
この作者の他の作品を読んでいないので、もっと読んでみたくなりました。
最近の作品はもっとこなれてきているのかな?




JUGEMテーマ:読書
 

calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
sponsored links
パーツ類
ブログパーツUL5
■ブクログ■

書籍リンク
広告
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM