スポンサーサイト

  • 2016.10.11 Tuesday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


小生物語/乙一著

オンラインで掲載されていた著者の日記を書籍化した物。
日記の体を取りながら、創作の域が多分にある。
この本は、ファンであっても評価が分かれるだろうと思う。
実際、レビューは賛否両論となっている。

私は楽しく読めました。
日記から妄想へと変化する過程が、巧妙ですし、妄想も半端じゃない。
短い日記でこれだけの想像が出来る著者は、素直に凄いと感じました。

目が彷徨いて集中力が途切れるため、私は端書きがあまり好きではないので、余白(勿体ないと著者も言っている)を使えば解決したのにとは思いましたが。

著者の言葉通り、買う前にバラバラとめくって少し読んでから、買うといいのではないでしょうか。


JUGEMテーマ:読書
 

calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
sponsored links
パーツ類
ブログパーツUL5
■ブクログ■

書籍リンク
広告
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM