<< みんな元気。/舞城王太郎著 | main | 宝島社文庫「そのケータイはXX(エクスクロス)で」/上甲宣之著 >>

スポンサーサイト

  • 2016.10.11 Tuesday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


独白するユニバーサル横メルカトル/平山夢明著

ユニバーサル横メルカトル図法で書かれた地図本。
その主人はタクシーの運転手であったが、ある酔客を消してしまったことから、変化を生じた。
主人はそれから頻繁に客を消してしまうようになり、その度に地図に「X」印を付けていくのであった。
主人が不慮の死を遂げた後、地図はその息子へと引き継がれるのだが・・・。

地図の主観で語られる表題作他、8編の短編集です。


「このミステリーがすごい」2006年度第一位に座した本書ですが、私には未消化の感がありました。
スプラッタでもホラーでもカニバリズムでも何でもいいんですが、どれも物語が中途半端に練り込まれているよう。
SF調の物語もあれば、現代的な語り口のものもあります。
それ自体に問題はないのですが、根本的な経緯と解決がない。
一人殺すまでの経緯はわかるものの、その後連続して犯行を冒すようになった経緯が全くわからない表題作を含め、少女がその境遇に陥ってしまったのも犯人もわからない「無垢の祈り」など、読み手としては消化不良でした。
これはこれで有りなのかもしれませんが、折角きちんとした舞台を拵えておきながら、未練習のお遊戯会を見せられている気分です。
SF的な「オペラントの肖像」「卵男」が、かろうじて小説としては完成されているのではないでしょうか?
純粋にホラー感を楽しみたい方だけにお薦めの本です。
・・・エグいけど、怖くないですよ☆

スポンサーサイト

  • 2016.10.11 Tuesday
  • -
  • 12:59
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
きょうまこ@柴成で、レビューしたよ♪
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
sponsored links
パーツ類
ブログパーツUL5
■ブクログ■

書籍リンク
広告
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM