<< リカ/五十嵐貴久著 | main | らん/秦建日子著 >>

スポンサーサイト

  • 2016.10.11 Tuesday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


リミット/五十嵐貴久著

評価:
五十嵐 貴久
祥伝社
¥ 1,680
(2010-03-11)

深夜ラジオ番組に自殺予告メールが届く。
番組は5周年記念の日で、トップお笑い芸人の奥田はカリスマパーソナリティーと言われている人物。
毒舌で人の言うことを聞かない奥田に、過去自分の息子が自殺した傷を抱えるディレクターの安岡は、思いとどまるようメッセージを出して欲しいと依頼するが、拒否される。
自殺予告は本当か、狂言か。
パーソナリティはどうするのか。
パーソナリティーとディレクターと、警察と、ラジオ局。
それぞれの考えが入り乱れ、深夜番組は進行していくが・・・。


番組が始まるまでのやり取りのテンポが悪い。
そこまでで約半分。
「リカ」の時も思いましたが、中盤以降テンポよく進むだけに、前半のもたつきが惜しい。
放送開始以降も、カリスマと言われる割には大したことを言わず、同じ発言の繰り返し。
ここにももう少し展開が欲しかった。
安岡を中心に事態が動くのであれば、奥田をこれ程持ち上げる必要性は薄い気がします。

奥田の取った行動で納得したのは、後半乱入だけ。
ならば分散させずに、もっと安岡を中心に密度を高めた方が物語が一貫したように思いました。
ラストも少し拍子抜けでしたね。

他の方のレビューを見るとダウンタウンの松本人志さんをイメージしている方が多い様ですが、私は何故かブラックマヨネーズの吉田敬さんを途中からイメージして読んでしまいました。

トータル的にはまぁまぁ面白かったです。
無駄な箇所を省き、密度を高めるともっと良作になったと思います。



JUGEMテーマ:読書
 

スポンサーサイト

  • 2016.10.11 Tuesday
  • -
  • 13:58
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
力を抜いて楽しみたい作家。

>トータル的にはまぁまぁ面白かったです。

なんですよねぇ〜。五十嵐さんの作品は、
そんな傾向な気がします。
新作の「編集ガール」が出ましたけど、こっちは
「ドタバタ後ハッピーエンド」でした。
五十嵐さん作品を評価しているサイトの中には、
幅広い作風でハートウォーミングが得意と
書いてあったりしますし。
http://www.birthday-energy.co.jp/

緩い気持ちで深読みしないで読める本、
それも五十嵐さんらしさか。
  • あんまん
  • 2012/11/14 10:16 AM
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
sponsored links
パーツ類
ブログパーツUL5
■ブクログ■

書籍リンク
広告
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM