<< ヒトリシズカ/誉田哲也著 | main | 四〇一二号室/真梨幸子著 >>

スポンサーサイト

  • 2016.10.11 Tuesday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


海に沈んだ町/三崎亜記著

評価:
三崎 亜記,白石 ちえこ
朝日新聞出版
¥ 1,575
(2011-01)

廃園した遊園地跡に出来た住宅街に住む人々が見る遊園地の夢。
夢の中で見かけた人と、現実に出会う・・・。
海が来て、沈んでしまった町を訪れる人。
港へとやって来た団地船を見に訪れた男性の、ほろ苦い思い出と現実・・・。
著者の不思議な世界が綴られていく短編集です。

この、不思議な世界が病みつきになりそうです。
読み手によって好き嫌いがかなり出ると思います。
そして、作品によっても好き嫌いが出そうです。
『橋』などは消化不良で結局どうなったのか分かりにくかったですし、
『ペア』もラストが分かりにくい。
それでも、この奇妙な世界観は独特の雰囲気を持って圧倒し、
読み手を引き込んでしまうから不思議です。

個人的には『四時八分』や『彼の影』が好きでした。
ハッピーエンドが少なく、そのハッピーエンドもはっきり描かない作品が多いのですが、
読後感が幸せになりそうなのはいいですね。

この本は、白石ちえこさんの写真とコラボしてあるので、
所々に差し込まれる写真がイメージを随分左右します。
こちらも、読み飛ばさずに堪能するといいと思います。

サクサク読めるので、少し時間が空いた時に読むのがお薦めです。


JUGEMテーマ:読書
 

スポンサーサイト

  • 2016.10.11 Tuesday
  • -
  • 11:20
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
こんにちは。同じ本の感想記事を
トラックバックさせていただきました。
この記事にトラックバックいただけたらうれしいです。
お気軽にどうぞ。
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
「海に沈んだ町」三崎亜記
数千人の人々を乗せて海を漂う“団地船”、永遠に朝が訪れない町、“生態保存”された最後のニュータウン…喪失、絶望、再生―もう一人の“私”が紡いでゆく、滑稽で哀しくて、少しだけ切ない九つの物語。『失われた町...
  • 粋な提案
  • 2012/10/16 2:19 PM
calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
sponsored links
パーツ類
ブログパーツUL5
■ブクログ■

書籍リンク
広告
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM