<< 刀語 第三話 千刀・ツルギ/西尾維新著 | main | 刀語 第五話 賊刀・鎧/西尾維新著 >>

スポンサーサイト

  • 2016.10.11 Tuesday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


刀語 第四話 薄刀・針/西尾維新著

“日本最強”の堕剣士・錆白兵から叩きつけられた挑戦状。無刀の剣士・鑢七花と奇策士・とがめは、薄刀『針』を所有する錆から、その刀と、日本最強の称号を奪い取ることはできるのか―?伝説の刀鍛冶・四季崎記紀が完成させた“刀”は十二本―残るは九本。刀語、第四話の対戦相手は、日本最強の称号をほしいままにする錆白兵。衝撃の12カ月連続刊行企画“大河ノベル”第4弾。
−Amazonの商品紹介ページ(「BOOK」データベースより)抜粋−

西尾維新初の時代活劇。
先にアニメは全話見ているので、原作がどんなものかと興味を持って読み始めました。

アニメの時。
見終わった直後の感想は、「あれ?一話見逃した?」でした。
その前の回の予告とまるで違っていたからなのですが、やはり小説の方も同様でしたね。
アニメ版だけがこのフェイクなのではなかった(笑)

日本一の剣士錆白兵との戦い、それは細かく読んでみたかったけれど、話の流れ上は七実のエピソードが必要なので、致し方ないのでしょうか。
一話増やしても良かったと思うんですけどねw
ちなみに壇ノ浦。
ここは私も良く知る地元なので、やっぱり読みたかったな。

稀代の天才格闘家鑢七実。
虚刀流七代目当主鑢七花の姉であり、追随を許さないほどの天才でありながら病弱な女。
見ることで全ての技を我が物とする「見稽古」を会得している人物。
この異常さ・異様さがたっぷりと描かれたこの回は、やはり必要な回だと思いますが。
が、しかし。
やっぱり錆白兵は登場して欲しかった!
あれだけ話を振っているのだし。
生「拙者にときめいてもらうでござる」が読みたかったよー!!←

まにわに虫組三人衆は、とんだ貧乏くじでしたね。
相手が悪すぎるわー。
でも、色んなフラグが立っていて、面白かったです。

・・・って言うか。
この回は、本のタイトル詐欺じゃないかw
ねぇ?

JUGEMテーマ:読書

スポンサーサイト

  • 2016.10.11 Tuesday
  • -
  • 04:01
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
sponsored links
パーツ類
ブログパーツUL5
■ブクログ■

書籍リンク
広告
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM