<< 刀語 第五話 賊刀・鎧/西尾維新著 | main | 刀語 第七話 悪刀・鐚/西尾維新著 >>

スポンサーサイト

  • 2016.10.11 Tuesday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


刀語 第六話 双刀・鎚/西尾維新著

絶対凍土の地、蝦夷の踊山を彷徨う無刀の剣士・鑢七花と美貌の奇策士・とがめの前に姿を現したのは、天真爛漫な少女、凍空こなゆき―!吹きすさぶ豪雪と疾風のなか、七花が絶体絶命の危機に!!追い詰められた真庭忍軍の切り札と、とがめを狙う謎の第三勢力の蠢動やいかに!?前半戦、まさにここに極まれり。
−Amazonの商品紹介ページ(「BOOK」データベースより)抜粋−

西尾維新初の時代活劇。
先にアニメは全話見ているので、原作がどんなものかと興味を持って読み始めました。

尾張幕府の指定する壱級災害指定地域・蝦夷の踊山。
そこに存在するという双刀・金鎚(そうとう・かなづち)の蒐集に訪れた奇策士とがめと虚刀流七代目当主鑢七花。
しかしその豪雪に阻まれて遭難しかけたところを凍空一族唯一生き残りの少女こなゆきに助けられる。
しかしそのこなゆきが持つ「双刀・金鎚」をかけての勝負に七花は初敗戦を喫してしまう。
少女は並外れた怪力の持ち主であるにも拘わらず、戦闘の素人であるにも拘わらず。
そのこなゆきの体を、真庭忍軍・真庭狂犬が乗っ取る!

今回のお話しは、七花が敗北してしまうエピソードと、前回から続く次回の話への布石が大きな役割となっています。
七実、どれだけだよ。。。

こなゆきは、可愛い。
そして狂犬は結構いいキャラでした。
アニメでは、小説以上にかませ犬的な役割を全うした狂犬ですが、情には厚いらしい。
案外憎めないキャラなのかもしれませんね。

人間でありながら一本の刀である七花の、人間味が増えていくのを確認出来る巻です。
しかしそれ故に、次巻の対決には胸が痛みます。
とがめの複雑な心中が、読み進めるごとに増していくのが何とも。

そしてここに来て、「炎刀・銃」が出てくるとは!
否定姫、侮れません。
この「炎刀・銃」は、四季崎記紀変体刀十二本の中では最重要な役割を持つ「刀」なので、ここで出てくることには大きな意味があると思います。

舞台は次回四国へと移動します。
ここでの壮絶なエピソードを前に、凍空こなゆきの天真爛漫さにもう一度癒されてみてはどうでしょう。
竹さんのイラストがまた、可愛いんですよねぇ♪

そう言えば冒頭、遭難しかけているとがめがうわごとのように言う独白、十一巻でまた出てくるんですよね。
この巻を読んでいる時点では「?」だったセリフですが、後で考えるとなんとも切ない独白です。
最終刊まで読み進めたなら、この巻を再読してみるといいかもしれません。



JUGEMテーマ:読書

スポンサーサイト

  • 2016.10.11 Tuesday
  • -
  • 13:24
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
sponsored links
パーツ類
ブログパーツUL5
■ブクログ■

書籍リンク
広告
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM