スポンサーサイト

  • 2016.10.11 Tuesday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


刀語 第二話 斬刀・鈍/西尾維新著

無刀の剣士・鑢七花と野心を秘めた謎の奇策士・とがめは、一路、西へ!伝説の刀鍛冶・四季崎記紀が完成させた“刀”は十二本―残る十一本は誰が?何処に?愛と復讐の旅路に迫る危機また危機!刀語、第二話の対戦相手は、因幡砂漠に聳え立つ下酷城・孤高の城主、宇練銀閣。
−Amazonの商品紹介ページ(「BOOK」データベースより)抜粋−

西尾維新初の時代活劇。
先にアニメは全話見ているので、原作がどんなものかと興味を持って読み始めました。

下酷城の城主、宇練銀閣。
砂漠の中の城に一人住まう「斬刀・鈍」の持ち主であり居合い抜きの達人。
この世で最も斬れる刀「斬刀・鈍」の持ち主に相応しい腕前の宇練銀閣を相手取り、実戦経験の殆どない虚刀流7代目当主鑢七花と奇策士とがめがどう挑むのか。

その辺りのやり取りが楽しいと感じました。
これは、アニメも同様の面白さでした。
先にアニメを観ているせいか、文章のアクションもスムーズに脳内で再生されましたし。
全話通して、一番戦術的なやりとりが、細かく描写されている気がしました。

まにわにの中では、この話に出てくる白鷺が、一番影が薄いよね(笑)


JUGEMテーマ:読書

刀語 第一話 絶刀・鉋/西尾維新著

「虚刀流はよ、刀を使わないからこそ強いんだ」

伝説の刀鍛冶、四季崎記紀(しきざききき)がその人生を賭けて鍛えた12本の“刀”を求め、無刀の剣士・鑢七花(やすりしちか)と美貌の奇策士・とがめが征く!刀語(カタナガタリ)、第1話の対戦相手は真庭忍軍十二頭領が1人、真庭蝙蝠!
衝撃の12ヵ月連続刊行企画“大河ノベル”第1弾!
−Amazonの商品紹介ページより−

西尾維新初の時代活劇。
先にアニメは全話見ているので、原作がどんなものかと興味を持って読み始めたものです。
物語始めに、実はもう絶刀・鉋は一度手に入っており、その手に入った絶刀・鉋が真庭忍軍の裏切りによって奪われているところから始まっています。

この第一話だけを読むと、アニメとほぼ同じなので、原作通りにアニメが作られたと見るべきか、アニメよりも深い位置に原作がないとか、色々と考えてしまいます。
可もなければ不可もない。そんな感じ。
しかし、アニメ最終話で図らずも号泣してしまった私としては、今後の展開に期待を抱かずにはいられないのです。

アニメが後視聴だったら、どうだったのでしょうね?
どっちにしても、大河とか時代小説と言うよりは、大河ファンタジー的な印象は否めませんが。


JUGEMテーマ:読書

calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
sponsored links
パーツ類
ブログパーツUL5
■ブクログ■

書籍リンク
広告
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM